どんな場合を「協議離婚」というのか

結婚したときには、二人で愛し合って一緒になることを決めているので、幸せな時間を送ることができるでしょう。しかし、人の気持ちというのはわからないものです。時間が経ち、相手の性格や性分、価値観の違いやほかに好きな人ができてしまい、共に活きて生きたい相手ができることなどで結婚生活を続けることが難しくなってしまうような夫婦もいるのです。

最近の日本の社会では、そういったことでも特に躊躇することなく、離婚という道を選ぶ人も多く見受けられるようになりました。バツイチやバツニという言葉もよく聞きますし、そういった人のほうが人の痛みもわかるからいいともてることもあるくらいなのです。
それでは、離婚が成立するまでについて、少しご説明しましょう。

出来れば当事者同士で話し合いで解決する協議離婚という方法が一番いいでしょう。相手の気持ちも確認して、子どもの親権や養育費、慰謝料、財産分与等も自分達の力で決めることができるといいのです。最近では、ほとんどの場合では協議による離婚なのです。協議というものの定義としては、話し合いによるといったことになるのです。
それで成立しなければ、家庭裁判所などに出向いて調停をしたり、裁判になるケースもあるのです。

コメントは受け付けていません。