口約束で終わらせないためには「公正証書」を作って

世界的に見ても日本は離婚の件数が驚くほど多く、離婚大国とも揶揄されているようです。日本では夫婦の話し合いで離婚が成立するので、今や婚姻関係にあった夫婦の三組に一組が離婚を経験していると言われています。

花06

離婚は結婚の何倍ものエネルギーを要すると言われているのは、結婚により家族となりいろいろと築き上げてきたものが多いので、そういったものをどうやって平等に分けるのか、といった点でもめるからのようです。それはモノだけではなく、双方にとって大切な子供に関しても同じで、どちらが引き取るのか、養育費はどれくらい払うのか、子供と離れて住む親の面会の頻度やその方法など様々なことを決めておかなければなりません。

そして金銭面でも同じく、自宅のローンはどうするのか、慰謝料は発生するのか、養育費はいつ振り込むのか、こういったことを一つずつ決めていくのは非常にエネルギーのいるもので、話し合いで疲労困憊してしまう夫婦も多いです。また協議離婚であってもそのような取り決めは、口約束で終わらさず、きちんと公正証書にしておくことが大切です。人の心は年月とともに変化します。後から揉めないためにも、最初にきっちりと形に残しておくことは大切です。

コメントは受け付けていません。