届け出の提出は代理人や郵送でもOK

協議離婚とは、夫婦の間で話し合いが行われ、離婚に同意をした上で離婚届が出されるものです。とても手続が簡単なので、離婚をする大半の人たちが行う方法です。しかし、簡単であるだけに、よく話し合いもしないまま離婚してしまい、後々、トラブルになってしまうことが多々あります。

養育費、財産分与、慰謝料、親権者、面接交渉、婚姻費用の問題などは、しっかりと話し合い、離婚協議書などの合意文書として書面に残しておくことが大切です。また、個人の合意文書だけでは法的な強制執行力がないため、強制執行認諾文付きの公正証書にしておくと、安心です。
そのような手続をした後で、離婚の届け出がされるのですが、これは代理人であっても、郵送であっても、行うことが可能です。代理人が提出に行く場合は、代理人自身の本人確認が必要です。

また、提出する時に必要となってくるものは、離婚届出書、戸籍謄本1通、印鑑です。離婚届には、本人2名自身の署名と捺印が必要となります。尚、戸籍謄本は届けでた自治体が本籍地である場合は不要となります。また、郵送する場合は、本籍地の役場に送るようにしますし、封筒に離婚届在中と朱書しておくと、スムーズに処理することが出来るはずです。

コメントは受け付けていません。